事例検索

  • トップページ
  • 実社会をデータ化する 人流ビッグデータのプラットフォーム「Beacon Bank」

実社会をデータ化する
人流ビッグデータのプラットフォーム「Beacon Bank」

株式会社unerry (東京都)

第4回日本サービス大賞 総務大臣賞

  • 人流ビッグデータの蓄積・解析・活用プラットフォーム
  • 全国210万箇所に設置されたビーコン * とGPSの活用で蓄積する月300億件の人流ビッグデータをAI解析し、場所やヒトを解釈するための意味づけを行い、様々な打ち手の提案につなげるプラットフォームサービス「Beacon Bank」を展開している
  • 1.1億IDのスマートフォンアプリの位置情報という規模と、独自のビーコンシェア技術とGPSを組み合わせた屋内外の人流を網羅的に把握できる
  • データの可視化・分析にとどまらず、AI解析により混雑度を直感的に伝える「お買い物混雑マップ」「ショッパーみえーる」「Beacon Bank AD」など、社会課題に沿った汎用サービスを展開している

* ビーコン  近距離無線技術Bluetooth Low Energy(BLE)を利用した位置特定技術、もしくはその技術を利用した端末

  • 屋内外の人流をデータとして可視化するプラットフォームを構築している。サービスイノベーションを支援するツールとして有用である
  • GPSでは把握できない地下鉄や屋内での位置情報も活用可能としている
  • データ活用においてアプリユーザーからデータの取得・活用に関する個人許諾を取ることを徹底し、プライバシー保護に十分配慮した人流ビッグデータである
  • データガバナンス体制のもと、付加価値型のスマートコミュニティ創生にも貢献している

お買物混雑マップの例

屋外・屋内を網羅する位置情報ネットワーク

ビーコンバンクの仕組み

サービスイノベーションの観点から

Beacon Bankという価値提案を社会ニーズに合わせて汎用・専用サービスとして人流BI * を提供している。革新的で優れた価値提案を顧客が受け入れやすいように、適切に価値共創の仕組みを創り込んでサービスイノベーションを実現している

*BI Business Inteligence。膨大なデータを収集・蓄積・加工し、意思決定を支援すること

「価値共創のサービスモデル」からみた特徴

(T2)利用価値共創の仕組みの創り込み
(利用価値共創)

  • IoTセンサー
  • 情報サービス
  • 人流ビッグデータ
  • DX
  • BtoB
  • Beacon Bank
  • ビーコンバンク
  • GPS
  • AI活用
  • BI
  • リアル行動ビッグデータ
  • 混雑情報

組織データ

所在地

東京都 港区

業種

情報通信、業務支援サービス

従業員数

49人以下

ピックアップ・サービス

  • トップページ
  • 実社会をデータ化する 人流ビッグデータのプラットフォーム「Beacon Bank」
Page Top