事例検索

  • トップページ
  • 在宅医療により地域を再生する へき地医療サービス

在宅医療により地域を再生する
へき地医療サービス

医療法人ゆうの森 (愛媛県)

第1回日本サービス大賞 地方創生大臣賞

高齢化と過疎化の問題に直面するへき地において、医師の負担が少なく住民患者からも喜ばれる、持続的かつ他地域へ展開可能なへき地医療を実現したサービス。地域医療の充実、経営の安定化、地域の活性化などを同時に実現している。

  • 都市部の医師が毎日交代で常駐する診療所と、24時間対応の在宅医療を組み合わせた新たな事業モデルで、患者の利便性と収益性を両立
  • 周辺には介護施設や薬局の進出などの関連市場も生まれ、へき地医療を志す若い研修医が増えるなど、へき地医療の優れたモデルとなっている

へき地医療を支えるスタッフたち

毎朝30分、本院とへき地診療所をつないだWeb会議を行う

同院が発行する冊子や本は在宅医療のバイブルとして多くの人を支えている

診療所周辺には薬局、介護施設などの関連市場も生まれている

高齢率の高い過疎のへき地。主産業はみかんと漁業

  • 最後まで住み続けられるまち
  • グループ診療
  • 医療
  • BtoC
  • 診療所
  • 地域医療
  • 在宅医療
  • へき地医療

組織データ

所在地

愛媛県

業種

健康・医療・福祉

従業員数

50~99人

ピックアップ・サービス

  • トップページ
  • 在宅医療により地域を再生する へき地医療サービス
Page Top