事例検索

  • トップページ
  • おもてなし×サービス工学による 懐石料理サービス「屋敷シリーズ」

おもてなし×サービス工学による
懐石料理サービス「屋敷シリーズ」

がんこフードサービス株式会社 (大阪府)

第3回日本サービス大賞 経済産業大臣賞

歴史的価値のある伝統家屋で懐石料理を日本文化の体験とともに味わうサービス。「高付加価値でリーズナブル」を実現するため、科学的・工学的アプローチで仕組み化されたサービスシステムを構築。8つの要素で体系化したサービスシステムにより、効率化と価値向上を両立している。

  • 歴史的価値のある伝統家屋・日本庭園の中で懐石料理を提供する「おもてなし」を、バックヤードにおける徹底的な工学アプローチ(従業員のサービス導線解析による最適化、搬送サービスロボットの活用など)による効率化を行いながら提供することで、高い労働生産性を実現している。
  • この「屋敷シリーズ」の営業利益率は910%程度と高水準。従業員は、本来注力すべきサービス価値創出に集中し、労働生産性は5年で11.7%向上し、労働時間は10年で34%減、離職率は10年で6.6%減。
  • 産業技術総合研究所との長年の連携による、サービス工学アプローチのロールモデルである。

歴史的建造物内の飲食空間(武蔵野立川屋敷) 歴史的価値のある伝統家屋や近代洋風建築等を活用し飲食空間として使用している

  • 歴史的家屋
  • ロボットと人の協働
  • 日本文化の体験
  • BtoC
  • フードサービス
  • インバウンド
  • 飲食店
  • 人手不足

組織データ

所在地

大阪府

業種

飲食

従業員数

1,000人以上

ピックアップ・サービス

日本式カイゼン教育でグローバル展開を 成功させた理美容サービス

キュービーネットホールディングス株式会社 (東京都)

学校図書館運営サポートサービス

株式会社リブネット (三重県)
  • トップページ
  • おもてなし×サービス工学による 懐石料理サービス「屋敷シリーズ」
Page Top