事例検索

  • トップページ
  • 営業部なしで、医薬品スキンケアアウトソーシングサービス日本一

営業部なしで、医薬品スキンケアアウトソーシングサービス日本一

万協製薬株式会社 (三重県)

製造部門が直接、顧客とやり取りすることにより営業費用を低減するとともに様々な情報を取得できる。全社営業の体制を構築

  • スキンケア製品の開発・製造・販売を行う
  • 日本国内および海外の製薬企業やチェーンドラッグストア120社に対して600品目を手掛ける
  • 営業部を持たず、工場を営業部に見立て、直接工場側の人間が顧客と話し合い、問題を解決して製品発売に結び付ける「工場付きコンサルティングセールス」を展開する
  • マーケティング機能は顧客が持ち、自社は生産機能を担い、販売は顧客が行う「分業方式」により、安価な製品づくりを実現している
  • 医療用医薬品から化粧品という幅広いジャンルでスキンケア製品を展開
  • 自社開発品、OEM * 受諾品、共同開発品の3つのジャンルを製造
  • 営業担当を介さず製造部門と顧客とが直接コミュニケーションできることにより、顧客はより専門的なやり取りをすることが可能。専門技術者が多い顧客の要望に対応している
  • 開発、製造部門は顧客接点となり様々な情報を取得できるとともに、開発と製造の部門間横連携やコミュニケーション能力の向上にも役立つ
  • 営業担当を配置しないことで営業経費を低減し、安価に製品を提供することが可能
  • 競合他社と比べてスキンケア製品に特化しているため、製品の開発スピードを速め、独自のノウハウを蓄積
  • モジュール作業手順書の作成や、部署や業務を超えた交流の場など、人づくりと組織づくりを通して社員の思考と行動の質を高め、組織自らが学習を進めるという好循環を生んでいる

* OEM  メーカーが他社(発注元)の名義やブランドの製品を製造すること

2021年5月から自社ブランドの直接販売も開始

サービスイノベーションの観点から

顧客と開発・製造部門の現場が密接にやり取りを行って製品開発につなげる提供価値共創の仕組みを創り込み、経営品質活動を通して組織自らが学習を進める改善サイクルを構築している。新たなサービスコンセプトを適切に評価して、知識・スキルを体系的に蓄積し、全社で共有してサービスイノベーションを実現している

「価値共創のサービスモデル」からみた特徴

(T6)学習度評価して知識・スキルを蓄積・共有
(知識・スキル活用)

  • OEM
  • BtoB
  • 経営品質
  • 医薬品
  • 化粧品
  • 製造
  • アウトソーシング
  • 学習組織

組織データ

所在地

三重県

業種

製造

従業員数

100~299人

ピックアップ・サービス

“恵寿式”地域包括ヘルスケアサービス

社会医療法人財団董仙会 恵寿総合病院 (石川県)
  • トップページ
  • 営業部なしで、医薬品スキンケアアウトソーシングサービス日本一
Page Top