事例検索

  • トップページ
  • ITを活用した徹底的な「見える化」で 経営を再建した老舗「ゑびや大食堂」

ITを活用した徹底的な「見える化」で経営を再建した老舗
「ゑびや大食堂」

有限会社ゑびや (三重県)

第3回日本サービス大賞 地方創生大臣賞

伊勢神宮おはらい町で食堂を100年にわたって営む。ITを活用することで経営の「見える化」を推進。従業員が自主的に考え動くことで、地域の素材を生かした商品開発、客を待たせない対応、作業の効率化などを実現し、食堂を再建する。蓄積された経営ノウハウ等を活用し、小規模事業者の経営革新も支援している。

  • 経営再建の柱にデザインとITを据え、店舗のデザインコンセプトを明確にし、IT活用で勘に頼らない効率的、効果的な取り組みによって、収益と従業員満足度を向上。
  • 「ゑびや大食堂」の再建の過程で自社開発した先端ITツールをグループ企業から外販し、中小飲食店をはじめ小規模事業者に対する店舗運営のコンサルテーションを行い、経営の活性化に寄与。
  • 廉価で使い勝手の良いITシステムは、小規模事業者だけでなく、大手デベロッパーにも評価され、街中活性化のツールとしても採用されている。

地元名産のあわびの串焼き

来客予測AIと組み合わせ、お店の空き状況を表示する

  • IT活用
  • 経営の見える化
  • BtoB
  • 顧客の行動の見える化
  • BtoC
  • フードサービス
  • システム外販
  • 飲食店

組織データ

所在地

三重県

業種

観光・宿泊、業務支援サービス

従業員数

49人以下

ピックアップ・サービス

新型コロナウイルス感染症・クラスター対応プロジェクト

認定特定非営利活動法人ジャパンハート (東京都)

現役世代の孤独死と高齢者の孤立を救うICTつながりサービス

特定非営利活動法人エンリッチ (東京都)
  • トップページ
  • ITを活用した徹底的な「見える化」で 経営を再建した老舗「ゑびや大食堂」
Page Top