事例検索

  • トップページ
  • 人も本業も地域も伸ばす 300を超える交流型地域活動

人も本業も地域も伸ばす
300を超える交流型地域活動

大里綜合管理株式会社 (千葉県)

第3回日本サービス大賞 地方創生大臣賞

全就業時間の4割を使って300種類を超える地域活動を展開する。不動産を土地という「モノ」としての側面だけで捉えるのではなく、「暮らしの場」として有機的に捉え、地域活動を通して地域の価値を高めることを目指す。「誰の仕事か決まってない。すぐに成果に結びつかない。でも大切なこと」を民間事業者の立場から取り組む。

  • 一つひとつの地域活動「ナノビジネス」は粗利黒字を確保。社員育成の場であると同時に、住民の信頼獲得と本業の潜在顧客づくりにつなげる。企業の短期・長期の利益と、地域住民への価値提供を両立している。
  • 社屋を地域に開放し、本業と地域活動を同じ時間に、社員と住民が混然一体となって行う様子は圧巻。「お客様、地域、会社、自身の豊かさと幸せ」という個と全体の調和を目指す経営を体現している。
  • 地域課題の解決に企業が使命感を持って臨み、社員の積極的な行動で住民を巻き込み、自助・共助の輪を拡げながら地域の活力を引き出している。

様々な地域活動の模様

  • 不動産管理
  • 地域活動
  • ナノビジネス
  • BtoC
  • 幸せをつくりだすサービス
  • 災害時の緊急対応拠点
  • 共助
  • コミュニティ生成
  • 建設

組織データ

所在地

千葉県

業種

建設・不動産、生活関連サービス

従業員数

49人以下

  • トップページ
  • 人も本業も地域も伸ばす 300を超える交流型地域活動
Page Top